スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Brugge観光 其の壱

またしてもだいぶ時間が経ってしまったけれど、旅の続き。。
2日目はBrugge(ブルージュ)市内の観光へ。

ライトアップされた幻想的な夜の景観も素敵だけれど、明るい陽の下で見るブルージュもまた素敵。
観光用の馬車が中世の街並みにぴったりとはまっていて、まるでタイムスリップしたかのよう。





まずはブルージュのシンボルである鐘楼(世界遺産なり!)に登ることに。
鐘楼の高さは83メートル、366段の螺旋階段を上ります。
この鐘楼にはカリヨンという47個の鐘(総重量27トン!)があって、この鐘とオルゴールのようなドラムが連動して音楽を奏でています。

大音量で聞く鐘の音はものすごい迫力!
何がびっくりって、これを実際に人が演奏しているってこと。
階段を上る途中に小部屋があったので覗き窓から覗いてみたら、コロコロした髭面のおじさんが汗だくでオルガンのようなものを演奏していました。
鍵盤に当たるレバーのような部分を押すと、レバーと繋がっている鐘が鳴り、その鐘と繋がっているオルゴールが連動するという仕組みのよう。
小窓に貼りついておじさんの演奏を拝聴していたら、おじさんが演奏の合間に手を振ってくれました。
中世からの音を引き継いで奏でているおじさん、実に素晴らしいなぁ。






鐘の音の余韻に浸りつつ、次に向かったのは運河クルーズ。




運河が縦横に走っているブルージュは運河からの眺めがとても素敵。




こちらは『愛の湖(Minnewater)』。
橋を渡った先に『ベギン会院(Begijnhof)』という女性の修道院があります。(ちなみにこちらも世界遺産)





こちらは『聖母教会(O.-L.-Vrouwekerk)』。
13世紀から15世紀にかけて建てられたそう。




教会の中には、ミケランジェロ作の『聖母子像』があります。
ミケランジェロが生前にイタリア国外に出した唯一の作品だとか。



小さくて分かりにくいと思うけれど、中央の像が聖母子像。
ミサをやっていたので傍まで寄れず…ちょっと残念。


時には晴れ間も見えて、こんなヨーロッパらしい景色も見ることができました。

Bike trip to Brugge

イースター休暇に3泊4日でベルギーに行ってきました。
只今、全身筋肉痛。
そしてお尻が4つに割れたんじゃないかという感じ…
なぜならば!
今回は、初のバイク旅行だったのであります。

バイクで旅をするのはいい。
それが長旅に適したツーリング用のバイクならば!
が、我が夫君の愛車は同乗者に優しくないレース用バイク。
往復約770kmの道程は厳しいものでありました…




行きはフェリーで、ドーバー(Dover)からフランスのカレー(Calais)へ。
私達が乗ったのはこのラブリーなフェリーではないけれど、こんな大型フェリーで90分程の船旅。




お天気に恵まれて、デッキからはドーバーの白い崖が綺麗に見えました。




乗船の際も下船の際もパスポートチェックなどは一切なし。
フランスとベルギーの国境でも何もなし。
私は国境を越えたことさえも気が付かず。
以前ユーロスターに乗った時はパスポートに電車の形のスタンプを押してくれたので、フェリーでは船の形だったりするのかしら、なんて期待していたのでちょっぴり残念。


フランスの小さな村に寄り道したりしながら、目的地であるベルギーのブルージュ(Brugge)へ。
ブルージュは、屋根のない美術館とも称されるほどの美しい街。
旧市街区域や鐘楼などが世界遺産として登録されています。

途中で迷子になったりしたので、ブルージュに着いたのは夕方も遅くなってから。
観光は翌日することにして、旅の目的の一つである食事へ!

ベルギーといえば、チョコレート&ビール!!
ということで、夕食とともにベルギービールを。
大変美味しゅうございました!




私のメインは、ベルギーの名物料理の一つであるムール貝のワイン蒸し。
1人前とは思えない量(絶対に50個は食べた!)が出てきて、ムール貝はもうしばらく食べたくない…と思うほど。
左端に写っているビールは、なんと1リットル!
夫君もご満悦でありました。


中世の雰囲気を残したままのブルージュの広場は、ライトアップされて華やかかつ優雅な印象でした。





ブルージュの街のシンボル、鐘楼。




建物のトップ(屋根部分)が階段状になっているのがベルギーの古い建物の特徴だそう。


2日目に続く…

Paris 其の四

Arc de Triomphe(凱旋門)。

CIMG8902.jpg


夜の繁華街も風情があって素敵。

CIMG8915.jpg


古代ギリシャの神殿を模したEglise de la Madeleine(マドレーヌ寺院)。

CIMG8821.jpg


マドレーヌ寺院の内部。
ゴージャスだけれど荘厳な雰囲気。

CIMG8825.jpg


Basilique du Sacre-Coeur de Montmartre(サクレ・クール寺院)。
観光客でごった返す中、敬虔な信者の方々が祈りを捧げている姿が印象的だった。

CIMG8871.jpg


Tour Saint-Jacques(サン・ジャック塔)。
ここは、我が夫君がパリで最もお気に召したところ。
サン・ジャックとは聖ヤコブのこと。
聖ヤコブは、son of ZebedeeやJames、James the Greaterとも称されるそうで、果たして彼がこの塔に惹かれたのは偶然か必然か…

CIMG8883.jpg


楽しいことがたくさんあったパリ旅行だけれど、私のアドレナリンが最高潮に達したのはジュンク堂とブックオフを見つけた瞬間だったかも。
ケンブリッジにも日本の書店ができないかなぁ…できないだろうけど。

Who am I ?
line_chi
chidog
Calendar
line_chi
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Recent Posts
line_chi
Categories
line_chi
Archives
line_chi
Links
line_chi
taller de Hortensia
line_chi
logo