スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

クリスマスとジンクスとプレミアもの

ブログの更新をしないと、ひ弱っ子の私がまた風邪でもひいているのではと身内が心配するのだけれど、至って元気であります。
ただダラダラしちゃって書くタイミングを逃しているだけですから。
ご心配なくー。

さて本日1月6日は、東方の三賢者がイエス・キリストを訪ねた日(公現祭)だそうで、クリスマス当日の12月25日からこの日までの12日間がキリストの誕生を祝う期間だとか。
イギリスでは、1月6日を過ぎてもクリスマス飾りを残しておくと運気が下がると言われているそう。
今日は街中でも屋外のクリスマスライトなどを外している人達をたくさん見かけました。
迷信はあまり信じないけれど、郷に入っては郷に従えということで、私もツリーやクリスマス小物を片付けました。
もうちょっと飾っておきたかったなぁ…
部屋が一気に殺風景になってちょっと寂しい気分です。


新年も明けてだいぶ経つのに今更だけど、クリスマスの様子を少し。

義父母宅のテーブルセッティング。
キャンドル周りの柊やヤドリギなどは庭でとれたものだそう。




義父母宅でご馳走になったターキー。
巨大さが伝わりにくいかと思うけれど、体長は50cm位はあったかと…
この巨大なターキーを3羽も購入したとのこと。
さすがに食べきれず、1羽はまだ冷凍庫に眠っているそうです。
そりゃそうだ!




てんこ盛りすぎてターキーが隠れちゃってるけれど、クリスマスディナー。
一応これでも私用に少なめです…




そして、この日のメインとも言えるのが、クリスマスプディング。
このクリスマスプディングは、ミシュラン3つ星レストランのカリスマシェフHeston Blumenthal(ヘストン・ブルメンタール)氏がWaitrose というスーパーとコラボした限定品なのです。
中に砂糖漬けのオレンジが丸ごと入っているのが目新しいところ。
話題を呼んで店頭に並ぶ暇もなく飛ぶように売れて、すぐに品切れ。
砂糖漬けのオレンジをつくるのに7週間かかるため、クリスマスまでに間に合わないということで追加販売もごく少数。
更に人気が過熱して、あっという間に完売したそう。
お値段、£13.99也。
それが何と、eBayで£250もの値がついたっていうんだから驚き!
義母は、買い物に行ったら棚に並べるところに遭遇したそうで、とりあえず買ってみたとのこと。
そんなプレミアものを頂けるとあって、私はワクワク。
みんなもワクワク。




肝心のお味は…美味しかったですよ、もちろん。
でも、£250の価値があるかと言えば絶対にないな…という感じ。
元値だったら大満足だと思うけど。
でもレアものを食べられてお得な気分になりました。

こんな食事を連日続けたため、体重増加が甚だしくて身体が重くて仕方がない今日この頃。
ダイエット始めないと…

クリスマスのためのスナック

明日はとうとうクリスマス。
今日は買い足りないプレゼントなどを駆け込みで買いに行きました。
街中は大混雑。
クリスマスが一年で一番の大イベントであるイギリスでは、だいぶ前からクリスマスの準備をするイメージだったのだけれど、意外と直前に慌ててプレゼントを買う人達も大勢いるんだな、とびっくり。

帰宅してからは、クリスマス用のスナック作り。

まずは定番のミンスパイ。
ドライフルーツ各種、オレンジやレモンの皮、ナッツなどを砂糖とお酒(ブランデーなど)に漬けたミンスミートと呼ばれるものを乗せて焼いたパイ。
ミンスミートは挽肉の意味だけれど、お肉は入っていません。
昔は入っていたらしいけれど。
でも、今でも牛脂などを入れるので、相当なカロリー&砂糖の量。

CIMG9037.jpg


このミンスパイに欠かせないものが、ブランデーバターやブランデークリーム。
ミンスパイにたっぷり乗せて頂きます。
甘いバターなのだけれど、結構ブランデーが効いていて美味なのです。
これもデブのもとなのだけれど、私も夫君も大好物。
Remy Martin(レミーマルタン)やCourvoisier(クルボアジェ)など、お店によって使用しているブランデーの種類が違うので、我が家の冷蔵庫には計4個保管されています…


CIMG9039.jpg


あとは、みんな大好きソーセージロール(写真奥に見えているもの)。
がっつりこってりのソーセージミート(粗びきの豚肉)をパイ生地で包んで焼いたもの。
それと、ミンスミートが大量に残っているので、レーズンシナモンロール風のパンを焼きました。
焼き過ぎて固くなっちゃったけど。


CIMG9038.jpg


ローストターキーのてんこ盛りディナー、ケーキの他にもこんなにいろいろ食べるから、総カロリーは恐ろしいことに。
しかも、これが何日も続くので気付いたころには体重激増。
恐ろしい…けど、一年に一回の大イベント、思いっきり食べて楽しもうと思います。

みなさまも素敵なクリスマスを!!

クリスマスケーキ

我が村は雪もあまり降らなかったし、ひどい状況ではないのだけれど、イギリスを含めてヨーロッパ各国は寒波の影響で大混乱をきたしている模様です。
大雪によって空の便は軒並みキャンセル、凍結した道路では事故が多発。
テレビやラジオでは、「緊急の時以外は車での外出を控えてください」とのメッセージをひたすら流しています。

とは言っているけれど、全然問題なさそうだよね?ということで、昨日は義父母の家にお邪魔してきました。
目的は、クリスマスケーキの飾り付け。

イギリスでは、クリスマスにクリスマスプディングを食べる習慣があるのだけれど、これとはまた別にクリスマスケーキがあります。
私にとってはどちらも非常に甘くてヘビーな同じような代物なのだけれど、イギリス人にとっては似て非なるものらしいです。
どちらも大量の砂糖とドライフルーツ、ナッツ類やブランデーなどのお酒が入った超リッチなパウンドケーキのようなもの。
プディングは蒸したもので、ケーキは焼いてアイシングでコートしたもの。
どちらも作ってから寝かすのがよいそうで、1年寝かせたものなどが普通のようです。

ケーキは義母の監督のもと姪っ子とともに作っておいたので、残るはデコレーションのみ

ケーキの周りをぐるりとマジパンで包み、更にそのうえにロイヤルアイシングと呼ばれるものでコート。
どちらも砂糖の塊のようなものなので、尋常ではない甘さ。
甘いものが好きな私でもこれは無理なので、食べる時は剥がしてケーキのみ頂きます。
が、大の甘党である夫君と義父は、これが大好物!
作業をする義母と私の目を盗んでこそこそとマジパンとアイシングをくすねてモグモグする義父と夫。
子供か…!

ケーキをコートした後は、色付けしたアイシングでデコレーション作り。
これがまるで粘土遊びをしているようで、ものすごく楽しかった!
一日中でも続けられそうなくらい。
雪が降りそうだったので、泣く泣く中断して家路に着いたけれど。





ツリーは作り物。その他がアイシングで作ったもの。
いやー、楽しかったなぁ。
寒すぎて外に出られない時はこんな風に過ごすのもいいかも。

Who am I ?
line_chi
chidog
Calendar
line_chi
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Recent Posts
line_chi
Categories
line_chi
Archives
line_chi
Links
line_chi
taller de Hortensia
line_chi
logo