Older Post | Newer Post

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Brugge観光 其の弐

ブルージュ観光の続き…


こちらは、ブルージュの中心であるマルクト広場(Markt)にそびえる英雄の像と、ネオ・ゴシック様式の『西フランドル州庁舎(Provinciaal Hof)』。





ブルージュのもうひとつの中心地、ブルグ広場(Burg)。
右側のゴシック様式の建物は、1376年着工し1420年に完成した『市庁舎(Stadhuis)』。
ベルギーで最も古い市庁舎だそう。
近くに立って見上げてみると、繊細な彫刻が施された建物は息をのむほどの美しさでした。
左側は、1537年完成のフレミッシュ・ルネッサンス様式の『古文書館(Oude Griffie)』。




庁舎の2階にあるオーク材の装飾天井が見事な『ゴシックの間(Gotische Zaal)』。
壁画は、ブルージュの歴史的な出来事が描かれているそう。





こちらは『聖血礼拝堂(Heilig-Bloed-Basiliek)』。



12世紀に十字軍が持ち帰ったとされる聖血(キリストが流した血)が祀られています。
この聖血、普段は乾いているのだけれど、数年に一度液状の血に戻り、それがローマ教皇クレメント5世によって奇跡と認定されたんだそう。

聖血は、少し高くなった祭壇に収められていて、司祭が見守るなか一人ずつ拝見することができます。
敬虔な信者の方々が十字を切りつつ聖血を拝む様子を見て、果たして信者でもない私が興味本位で見てもいいんだろうか…と煩悶しつつも、どうしても見てみたかったので拝見してきました。
失礼にならないよう、精一杯厳かな気持ちで臨んでみたけれど。
罰が当たりませんように…




今回の旅で撮った中でもお気に入りの一枚。(たぶんブルージュの紋章を表している像)
熊とライオンの表情が何ともユーモラスで素敵!


もう一枚のお気に入りは、馬&馬。
この水は、ブルージュの街で大活躍の馬が飲む用。




屋根のない美術館という表現がぴったりの美しい中世の都市ブルージュをあとにして、次の目的地Gent(ゲント)へと続く…

スポンサーサイト

Comment

ヘアリーバイカーズの如く、バイクでの旅お疲れ様★
ブルージュ、素敵な所だねえ。アントワープまで行けば、ルーベンスの絵が見れたのに!
ヨーロッパ大陸って、イギリスとまた違う魅力があるよねえ。
建物可愛いし、食べ物旨いし(そこか?!)

ふふ、続編楽しみにしてますよん♪
  • owl
  • 2012.05.14 20:07
>owlさん
ヘアリーバイカーズが乗ってるみたいなバイクだったらよかったんだけどね…
アントワープも行きたかったけど、初のバイク旅行では距離的に無理だったの。特にお尻が。
次はアントワープも行きたいなー☆
大陸、食べ物の美味しさは魅力だよね!私はいつでも花より団子だよ^^

続き書かなきゃと思いつつ、ダラダラしちゃうの…ゲームしたりテレビ見たり…いかーん!!





 
Who am I ?
line_chi
chidog
Calendar
line_chi
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Recent Posts
line_chi
Categories
line_chi
Archives
line_chi
Links
line_chi
taller de Hortensia
line_chi
logo