Older Post | Newer Post

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

結局はロイヤルメールかよ…!!

ビザ申請に際して悩んだのが、果たして大事なパスポートなどを郵送して安全なのか、ということ。
前記事のコメントにお友達のowlさんも書いてくれたけれど、ロイヤルメール(イギリスの郵便会社)は信用ならんのです。
我が夫も悪名高きロイヤルメールを全く信用していなくて、直接申請にしようと言い張っていました。
私も全く信用はしていないけれど。

そこで、「settlement checking service」なるサービスを利用して申請することに。
ケンブリッジの県庁(市役所?)にいる資格を持った職員が書類に不備がないかなどをチェックして、本人に代わって送付してくれるというサービス。

ビザ申請にあたっては、全ての書類の原本とコピーを提出しなければならないのだけれど、このサービスを使うと配偶者のパスポートや大切な書類などは、職員の方がコピーを取って「正式なコピーですよ。」という証印を押してくれて、原本はその場で返してくれるのです。
それに、「安全な方法で送付するので、不必要な遅延などは起こりません。」とのこと。
いぇーい、ロイヤルメール回避!
社内便みたいなものなら安全だ!
さらには、「却下される可能性も少なく、ビザも通常より早く発行される傾向にあります。」だそうな。

いいじゃないか!
有料のサービス(一万円位)なのだけれど、お願いするメリットはいろいろあるし。
ということで、必死の思いで書類などを全て揃えてから(それはそれは大量の書類なのでありました…)、予約の電話を。
職員の方がすごく感じのいい人で、ちょっとした世間話なども挟みつつ(私は相槌うってただけだけど)、サービス内容の説明や確認事項などを説明してくれて、さて日時を決めましょうとなりました。
この時点で軽く30分は経過。

職員 「じゃあ、24日の朝でどうかしら?」
ち  「ひぃ!そんなに先なんですか?困るんです!私のビザは23日に切れちゃうんです!24日じゃダメなんです!なんとかもっと前に予約できませんか?ぷりぃぃーーーず!!」
職員 「あら大変!そしたら同僚に相談してみるから。すぐに折り返し電話するから待ってて。」

ドキドキしながら電話を待つこと30分。
1時間…
1時間半、、、
2時間経っても電話かかってこんがな!!
すぐに折り返すって言ったのに!!

あと5分待ってかかってこなかったら電話しようと思った矢先、やっと電話がありました。
私が不安に慄きながら電話の前で待っていた頃、お茶飲みながら同僚とお喋りとかしてたに違いないよ。絶対そうに違いない。
これだからイギリス人は…(以下、自粛。)

決まったアポの日付は22日朝9時。
「次の日にはビザ切れちゃうんですけど…本当に大丈夫なんですか?1日前で間に合うんですか?本当に?本当に?」と、しつこく食い下がる私。
「大丈夫よー、そんな心配しなくても。問題ないから。あははー。」と、全く意に介さない職員。
本当かよーと不安になる私。

「確認のメール送っておくから」と言われていたので、翌日職場でメールをチェック(その時はまだ家のPCは仮死状態)。
アポの日付、間違えとるがな!!
私の名前もスペル違うし!!
その後、「日付間違えちゃってた。ごめんね!再送しまーす。」というメールが送られてきたものの、やっぱり私の名前は間違えたままなのでした。
さらに不安になる私。


さて、アポ当日。
配偶者も必ず同席するようにとのことなので、彼とともにお役所へ。
丁寧な男性職員が申請書などのチェックをし、同封する書類もチェック。
2年間にわたる公共料金の請求書だとか(婚姻関係の継続の証明)、銀行口座の明細だとか(経済状態の証明)、色々な書類を添付せねばならないのです。
で、「全ての添付書類は、原本とコピーを1部提出すること」と申請用紙に書いてある。
なので、げんなりしつつも大量のコピーを用意したのです。
が!!
全部いらないって言われた…
あぁ、紙および時間、労力の無駄か、、、

書類の原本も、用意した分の1/4にも満たない量で「あ、もう充分ですから。あとはいりませんよ。こんなに用意してもらっちゃったのに、何だかすいませんねぇ。」って言われたし…
経済状態の証明も、私の給料明細のみ。
「証明になるほど稼げてないんですけど!」と不安を募らせる私に、「大丈夫ですよー」という職員氏。
本当かよー、、、
私のと彼の口座の明細も過去に遡って発行してもらったのにー(しかも有料だったのにー)

無事チェックも終わり(添付書類すごい少ないけど…)、職員氏が言うことには、「長時間お疲れ様でした。ではパスポートや申請書類は今日中にロイヤルメールで送っておきますから、ご安心くださいね。」
ロ、、、ロイヤルメールなのかよ!!

社内便で送るもの、と勝手に勘違いした私が悪いけれど、相当ショックを受けましたよ…
そんなこんなで彼と二人で不安な思いを抱きつつ家路に着いたのでした。
あぁ、心配。。。
パスポート早く返ってきますように…

スポンサーサイト

Comment

いやん、cherryちゃんのブログに出演しちゃった♪(笑)

はは、結局ロイヤルメールだったのね。
つかそりゃそうだ。役所もロイヤルメールも『国営』ですよ、ネーサン。
でも、ちゃんと受け取ったメール来てるし、気長に待とうぜい。

ビザ取ったお祝いは、ウチで…になるかもね(笑)
  • owl
  • 2011.09.01 07:06
さすがイギリス。やっぱりロイヤルメールか。。。
知り合いの中では今のところ、パスポートなくされたという人はいないので
よっぽど運が悪くない限りきっと大丈夫だよー(って慰めにも何にもなっとらん;)。
なんか私は、ブログには忘備録のようにビザ申請のこととか書いてたけど
永住権もらっちゃった今は、自分、どういう感じで申請したとか全部忘れてしもた(笑)。
cherryちゃんは就職もしてて結婚の継続してる証明もあるから絶対だいじょぶだと思うわ。
私らは証明が少なくて冷や汗ものだったけど。
早くお祝いしたいねーーー♪♪♪
申請手続きを行っている状態だったら
その間に今のビザが切れても大丈夫だよ〜
私も同じ事心配してて そー言われました

髪型バッチリの写真 楽しみだね〜 笑
  • すかいらいん
  • 2011.09.02 05:05
>owlさん
えへへ。勝手に登場してもらっちゃった(笑)

そうだったのです…
後でこのサービスのサイトを読んだら、どこにも「社内便」なんて書いてなかったし(汗)私の脳が都合よく変換しちゃった模様です。。

心配しなくて大丈夫なんだとは思うけど、早くすっきりしたーい!
owl家にお邪魔するの楽しみにしてますー♪
>Animaさん
それがね、この間パスポート紛失された人の話を聞いちゃったのです!
紆余曲折あって、パスポートが戻ってきたのが5カ月後だったんだって!!

衝撃のあまり詳細は既におぼろげなので、ロイヤルメールのせいじゃなくてUKBAのせいだったのかもしれないんだけど…
でも5カ月って…ありえん事態でしょ!?
その話を聞いてしまったが故に、不安に駆られているのであります。。大丈夫とは思うけど…

早くお祝い(=ガールズで盛大に飲み食い)したーい♪
>すかいらいんさん
なるほどー。
それならそうと職員の人達もちゃんと説明してくれればいいのに!
しつこく繰り返し聞いても「大丈夫だってばー」の一点張りで、何がどう大丈夫なのか教えてくれなかったの。
ちょっと安心です。

髪型だけバッチリの写真がついたビザ(笑)、早く戻ってくるといいなー☆





 
Who am I ?
line_chi
chidog
Calendar
line_chi
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Recent Posts
line_chi
Categories
line_chi
Archives
line_chi
Links
line_chi
taller de Hortensia
line_chi
logo