スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Kinect

ブログを書く度に寒い寒いと言っている気がするけれど、本当に寒いの!!
一昨日だったかな?
家と郵便局を往復する間に、自分の吐く息で髪の毛が凍りました…
片道5分もかからないのに!
ここは雪山か!!
これでスノーボードができるなら文句は言わないけど、寒いだけでスキー場もないし。
いい加減に寒波が去ってくれないかなぁ…




我が村はそんなに雪は積もってないんだけれど。
でも極寒。
折角のクリスマス休暇も寒すぎて家に引き籠って過ごすことになりそう。
寒くない時も引き籠ってたけど。


渡英してからすっかり引き籠り&オタクっ子な私。
日本にいる時はゲームなんてしなかったのになぁ…
日本から遊びに来てくれた友人も、「人は随分変わるもんだな…」と私の変貌ぶりに驚いていました。
田舎は娯楽が少ないからね。。。
しかも遊んでくれる友達もほとんどいないし


という訳で本日、引き籠りのお供に買ってしまいました。
Xbox Kinect!



このKinect、11月に発売されてイギリスではかなり話題の代物なのだけれど、日本でも人気はあるのかな?
声や動作に反応するので、コントローラーを使う必要がないっていうのがこれの利点であります。

早速に遊んでみました。
これは楽しい!!
我が夫も大興奮。
2人して夢中で飛んだり跳ねたり、パンチやキックしたり。
激しく動き回らねばならないのでかなりの運動量。
運動不足の私は早くも筋肉痛に襲われております…

友達大勢で一緒に遊んだら盛り上がること間違いなし!
クリスマス当日は義父母宅でクリスマスディナーを頂く予定なので、一式持って行って義父母&兄夫婦&姪っ子甥っ子と一緒に遊ぼうと思います。
寂しい感じがするのは、、、気のせいなはず。。。

今回のいちおし

イギリスでは毎年この時期みんなが観ていると言っても過言ではないのがThe X Factor。
去年からThe X Factorデビューした私。
去年ブログにも書いたことがあるのだけれど(去年のエントリーはこちら)、わたくし今年も毎週観ております。
私の今年の一押しコンテスタントはMatt氏とRebeccaさん。
巷でもこの2人は優勝候補として噂されているけれど、私もこの2人のどちらかが優勝するのでは…というかして欲しい!と思っている今日この頃。

今週のMatt氏、ブリトニースピアーズの曲を歌ったのだけれど、これがまるで別の曲に!
とてもブリトニーが歌っていたあの曲とは思えない。
すごいなぁ。びっくりしました。
You tube貼り付けてみるので、興味があったら聞いてみてね。
日本からでもちゃんと見られるかなー。




Rebeccaさんも個性的な素敵な声で、毎週聴くのが楽しみ。
彼女を見ていると、時折なぜか工藤静香を連想してしまうのだけれど。
そんなに似ているとも思えないんだけど、なんでだろう。




自分に自信がないのがパフォーマンスにも表れていて、それが問題だと言われていた2人。
でも、週を追うごとに自信をつけて変わっていくのがわかって、観ている私もなんだか
励まされる感じ。
異国で暮らしてみて、少しは持っていたはずの自信が徐々に、たまには一気に失われたりすることもある訳で。
自信を持つって大切だよなぁ…と彼らのパフォーマンスを観る度に自分にもはっぱをかけるのであります。

本を読むこと

私の大好物が入った母便が届き、ウキウキです。
六花亭のマルセイバターサンド!!
あぁ、美味しい。。。

同封してくれたものの一つが、創刊号から欠かさず愛読している雑誌
yomyom
私の大好きな作家の方々の小説やエッセイなどが載っていて、毎号読むのが待ち遠しくて仕方がありません。

今号は、『家守綺譚』の新作が載っていて、とても幸せ。
作者の梨木香歩氏の作品はどれも好きで、有名な代表作『西の魔女が死んだ』も大好きだし、静謐だけれど力強い印象のエッセイも好き。
その中でも、『家守綺譚』は特別。
何回読んでも素敵なのです。
一番好きなシリーズです。

そして、私の心のアイドル森見登美彦氏も、大好きないしいしんじ氏、三浦しをん氏、他にも多くの好きな作家の方々の作品が。
一気に読んだらもったいないと思いつつ、やめられません。

バターサンド片手にyomyomを読むなんて、イギリス生活にあるまじき贅沢さですよ!
あぁ、幸せ。
至福の時です。


私にとって本を読むことは、日常の一部。
日本では、通勤時や家などで暇さえあれば本を読んでいました。
足繁く本屋に通っては面白そうな本を買い、友人知人からもお勧めの本を借りるのが常。
本屋に行けば読みたい本は溢れるほどあるし、読んでも読んでも読む本が無くなることはない。
それが当たり前だったけれど、今はそうもいきません。
気ままに本が買えない今となっては、もう貴重品のような感じ。

ぁ、ここに本屋があれば!!
もちろんイギリスにいてもネットで購入できるけれど、本屋に行って本を見つつ選ぶというのが楽しいんだもの!(しかも送料が高いんだもの…)
次回の帰国時にはがっつりと本を買い込もうと心に決めてあります。


我が夫はイギリス人なので、言葉や習慣、育った環境などを始めとして、きっと共通項の方が少ない。
もちろん共通することもあるからこそ一緒にいるのだけれど。
その中でも、読書というのは大きなウェイトを占める共通項かもしれません。
私が延々と本を読みふける間、彼も隣で黙々と本を読んでいたりします。

暇な週末の午後ずっと本を読んで過ごしたりするのだけれど、その間の会話は、
「お茶飲む?」 「うん、飲む。」
「楽しい?」 「うん、楽しい。」
それくらい。
傍から見れば、すごく楽しくなさそうに見えるかもしれない。
でも、私にとってはこんな静かな時間が大切だったりします。

Who am I ?
line_chi
chidog
Calendar
line_chi
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Recent Posts
line_chi
Categories
line_chi
Archives
line_chi
Links
line_chi
taller de Hortensia
line_chi
logo