スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

1ヶ月

東日本を襲った大震災から1ヶ月。
大きな余震も続いているし、被災地をはじめとして日本の皆さんは心が休まる暇もない1ヶ月だったんだろうなぁと思います。
地震や原発など、一刻も早く事態が収束することを祈るばかりです。

私にとっては、色々な感情や思考が渦巻いて明らかに今までとは違う1ヶ月。
自分や家族が健康で普通の生活を営めることは、いかに幸せなことなのかを初めてきちんと身をもって感じた気がします。
これからもこの気持ちを忘れずに、些細なことに文句を垂れたりしないで、感謝しつつ楽しく暮らしていかなければ。


私には岩手県に住んでいる伯母伯父がいます。
震災後もしばらく連絡が取れずとても気を揉んだのだけれど、電話が繋がった時に「大丈夫よー!心配しなくていいからねー!英語でなんて言うんだっけ?あ、シーユーアゲイン、ね!」と明るく笑った伯母の声を聞いて、むしろ私が励まされた感じでした。

その伯母夫婦は、被災したシーズー犬を引き取ったそう。
壊滅的な被害を受けた岩手県山田町からやってきた犬。
その犬もきっと筆舌しがたい恐ろしい思いをしたんだろうから、これからは伯母の家で可愛がられて、怖かったことをすっかり忘れられるくらい幸せな日々を送ることができるといいな。
その犬も伯母夫婦に更なる笑顔をもたらしてくれるはず!
伯母宅に引き取られたワンコのように、一匹でも多くの被災した動物たちが幸せな暮らしを得られることを願っています。




亡くなった我が愛犬もシーズー。
彼は地震や雷などをすごく怖がって(怖くないふりしてたけど)、いつも真っ先にテーブルの下に避難していました。
もっと長生きして欲しかったけど、今回の大震災を経験しなくて済んだのは本当によかったな。
でも天国でも怖くないふりしつつ、ブルブルしてるかもしれないなぁ…

明るく逞しくあること

東北地方を襲った大地震・津波から早くも2週間以上が経ちました。
まずは、被災された多くの方々に心からお見舞いを申し上げます。
お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、行方不明の方々が一刻も早く見つかること、被災された方々が1日でも早く平穏な日々を取り戻すことができるよう願って止みません。


大地震が起きた当日、仕事に行くべく準備をしていたところ夫君から携帯にメッセージが。
今すぐにニュースを見た方がいい、というものでした。
何が起こったとか詳細が全く書かれていなかったので、なんだろなーと呑気にテレビをつけた私の目に飛び込んできた惨状の数々。
家や車をあっという間に飲みこんでいく信じ難い威力の津波、地震による大規模な火災、倒壊した建物。
まるで現実とは思えないような映像ばかり。
慌てて実家に連絡を取ろうとするも、繋がる気配も見せない電話や携帯。
現実であることを受け入れざるを得ない瞬間でした。
掛けても掛けても繋がらない電話やメール。
完全に恐慌状態に陥りました。

数時間後に両親の無事が確認できて少しは安心できたものの、日本から遠く離れていることをこんなに恐ろしく思った日はありませんでした。
近くにいたからといって、何もできないのはわかっているけれど。
遠く離れていることが、現状を自分の目で見て聞いて確かめることができないことが、恐怖心や不安感に拍車をかけたのかもしれません。

友人達の無事も確認でき、1週間近く経ってから東北に住む伯母伯父の無事も確認できて本当に安心しました。
でも、もちろん心から喜ぶことはできない。
被災地では今でも辛い思いをしている方々がたくさんいて、被災者を助けようと必死に頑張っている方々もたくさんいて、原発では自らの命を賭して作業に当たっている方々がいて、その人達の家族はきっと不安や恐怖に押し潰されそうになってる。
それでも、冷静に、感謝の心を忘れず、気丈に頑張っているみんなは逞しく神々しい。

そんな彼らの姿をニュースで見たり読んだりしては泣き、遠く離れた家族や友人達を思っては涙し、何もできない自分の無力さが情けなくて泣き、泣いてばかりでした。
2週間経った今も気持ちの整理ができずにいます。
でも、地震も津波の恐怖もない安全なイギリスにいる私が、気持ちの整理ができないなんて甘えたことを言ってはいけない。
大切な人達がみんな無事だった私は、ただすごくラッキーだったに過ぎない訳で。
その幸せに感謝しながら、日本で頑張っている人達に恥ずかしくないよう、前を向いて明るく歩んでいかなければ。
私ができることは小額の募金だとか些細なことしかないけれど、被災地の1日でも早い復興を願いつつ、細々とでもできることを継続しようと思っています。

「いつまでも沈んでいないで、明るく楽しい話題をブログに書いたりすることも、離れたところにいるあなただからこそできることなんじゃないの?ブログの更新がないと伯母様方も心配らしいわよ。」と、母に言われました。
確かに!
日本がこんな大変な時に、余計な心配をかけるわけにもいかぬ!
自分を奮い立たせるためにも、明るく楽しく、常に感謝の心を忘れずに、日本人であることを誇りに思いつつ、頑張ろうと思います。
そんな訳で、次回は明るいテーマでブログを書くつもり。

頑張れ、日本!!!
頑張ろうぜ、みんな!!!

お別れの唄

先日、お葬式に参列してきました。
彼の叔母様のお葬式でした。
明るく華やかで楽しいとても素敵な方でした。
まだまだお若かったのに、本当に残念でなりません。

故人の意向で、お葬式は宗教色のないものでした。
ファッションが大好きだった彼女が喜ぶようにと、飾られたのは靴やバッグの形のお花。
湿っぽいのは嫌だから、という彼女の意向に沿って流されたのは、彼女が大好きだったシンガーの曲。

Robbie Williamsの"You Know Me"と"Angels"でした。

私も大好きでよく聞く曲。
これからは聞く度に彼女のことを思い出すんだろうな。
彼女が天国で安らかに眠ることができますように…

Who am I ?
line_chi
chidog
Calendar
line_chi
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Recent Posts
line_chi
Categories
line_chi
Archives
line_chi
Links
line_chi
taller de Hortensia
line_chi
logo